クラブ純子

パパ達の本音トーク【結婚したい女性について-後編-】

クラブ純子
クラブ純子 お客様

M氏(30歳)

飲食店関係地方出身の自称イケメン!?ファッションにはいつも気を遣い、俺流のライフスタイルを持つ。

S氏(31歳)

飲食店関係バツイチの彼。物腰が柔らかく優しいタイプだが、自分の意思を押し付ける頑固な一面もある。

C氏(36歳)

ずんぐりとした体育会系。A氏の弟のような存在でお酒が大好き。

純子ママ

いらっしゃいませ、クラブ純子へよこうこそ。今日は『結婚したい女性:後編』ですわ。 結婚がまだの女性はぜひ参考になさってね。
まずは前編を・・・という方はコチラ

純子ママ:結婚したいと思う女性の条件って何なのかしら?

M氏:頭の良い女性がいいですね。先を読んでくれる、安心して仕事をさせてくれる女性。

純子ママ:どういう風にしてもらったら安心なさるの?

M氏:例えば「もっと家庭を考えて...」と縛られるような事を言われると、仕事に集中出来なくなりそうで嫌なんです。"男"って家族の時間も大切と思っているけれど、人生の中で大半の時間は仕事に費やしていると思うんです。好きな仕事ならとことんやりたい。「仕事が一番でいいよ」と言ってくれる女性が理想ですね。そういう環境を自然に作ってくれる女性がいいですね。今の彼女はそういう女性です。

クラブ純子

純子ママ:でもそういう風にしてくれる女性だったらどんな子でもいいって事ではないのよね?

M氏:もちろん身体の相性も大切。いろんな人に紹介すると思うと容姿も大事かな。

純子ママ:その魅力って何かしら?

S氏:見た目。

純子ママ:結局、顔重視なのね。

S氏:いやいや、女性らしいしぐさにも魅力を感じますよ。何かを取り組んでいる時に、さりげなく気遣ってくれる女性は最高ですね。

純子ママ:最初のご結婚相手の女性はそのくらい魅力的だったのかしら?

S氏:年上の女性で、結婚を迫られて...。「帰りが遅い」って何度も言われたのが 嫌でしたね。僕の育った家庭が人の集まる環境だったので、友達を家に呼ぶのが好きなんですね。前の奥さんはそれをあまり喜ばなくて...。今の彼女は嫌な顔ひとつせず受け入れてくれています。

純子ママ:我慢しているんじゃないのかしら?

S氏:その代わり料理など何もしなくていい、寝ていてくれていいと言っているんです。

純子ママ:結婚っていう形ではなく、恋愛で十分だと思うのだけれど...

M氏:やっぱり結婚はしたいですね。子どもが欲しいんです。

S氏:僕もです。あまり子どもは得意ではないのですが...(笑)

純子ママ:子どもが苦手なのに欲しいって...。それは彼女に対してそれとも親に対して思うの?2人で楽しむって選択もあるわよ。

S氏: いや、自分の子どもが欲しいですね。

純子ママ:これからもし新しい出会いがあったらどうなさるおつもり?

S氏:心が動く出会いがあるかもしれないけれど、今の彼女から離れていくような事にはならないと思う。

純子ママ:女性って結婚前はハイハイって素直に聞いてくれていても、結婚して子どもが 出来たりすると変わったりするものよ。

S氏:付き合って3年になるんで大丈夫だと思うんですよね。

純子ママ:甘いわ。離婚してから何人目の彼女?

S氏:離婚してすぐ付き合った彼女です。

純子ママ:もう少しいろんな女性を見てからにした方がいいんじゃないのかしら?

クラブ純子

S氏:もう彼女以外には考えられないんです。

純子ママ:Mさんはどう?

M氏:好きな子...できるでしょうね。でも今の彼女にはバレないようにしますよ。 そんな話を彼女としたことがあって...。「最後に戻ってきてくれればいい」って彼女は言ってくれましたね。

純子ママ:ずいぶん物分りの良いお嬢さんね。

M氏:彼女は僕に依存しないし、しっかりしたいい子です。

チーママ:彼女の為に何かしてあげることはあるの?

M氏:出先で彼女の為にいろいろ買って帰ったりしますよ。

純子ママ:言葉は?

M氏:いろいろ言っていますよ。恥ずかしくてココでは言えませんけど...(笑)

純子ママ:彼女と結婚したいと思うきっかけって何でした?

M氏:付き合った女性は何人かいますけど、今の彼女に出会った時に直感的に結婚する だろうなと思いましたね。結婚を意識した女性は彼女が初めてでした。幸せにしてあげたいなと思えたんです。

純子ママ:幸せって何?

M氏:好きな物が食べられて、好きな物が買えて、好きな事が出来る...。そして妻と仲良く出来れば幸せかなと思うな。

純子ママ:結婚って両方の家族も関わって来るけど、彼女と自分の親とどういう風に いて欲しい?

S氏:先日、母親が家に来て泊まったのですが、彼女と仲良くしていました。

M氏:僕はもし親と彼女が合わなかったら、関わらなくていいと思ってるんです。

S氏:僕は出来ればうまいことやって欲しいですね。

純子ママ:彼女しかいない!って思う瞬間はあります?

M氏:僕の場合女性をタイプ別にするのですが、トータル的に今の彼女が一番いいかなと思っています。

S氏:仕事で遅くなって疲れて帰った時に、ソファで寝てる彼女の顔を見るとホッとしますね。同時にかわいいと思えるんです。