クラブ純子

パパ達の本音トーク【忘れられない女性について-後編-】

クラブ純子
クラブ純子 お客様

A氏(42歳)

妻と遊びは別物」ときっぱり言い切る、遊び人サラリーマン。現在は海外勤務。

B氏(45歳)

フェラーリ何台も持つセレブ。今は女性より仕事が好き。

C氏(36歳)

ずんぐりとした体育会系。A氏の弟のような存在でお酒が大好き。

純子ママ

いらっしゃいませ。クラブ純子にようこそ。本日は「忘れられない女性」後半ですわ。 まずは前編を・・・という方はコチラ
クラブ純子

チーママ:Aさん、今の奥さんのこと大好きですよね?

A氏:そう。かみさん大好き。愛してる。もちろん、他の女性ともしてるけど、かみさんともしてますよ。

C氏:自分本位なやつ?

A氏: なんだよお前、まだいたのかよ。っていうか、今日は俺だけが責められる会かよ。かみさんに対しては、自分本位じゃないよ。愛情表現したSEXをしてます。

チーママ:A氏は「遊びは遊び、愛は奥さん一人」って割り切ってるのね。

B氏:奥さん以外は「エンターテイメント」だろ?

A氏:今日のテーマ的にいうとさ、忘れられない女性っていうのは、奥さんかもね。外で遊んでも絶対帰りたくなるというか、常に幸せにしていたい女性。

純子ママ:なんか、ちょっと良い話だわ。結婚して何年目くらい?お子様もいらっしゃるの?

B氏:俺が代わって話しますよ。今のかみさんとは7年目くらいだったっけ。子供は幼稚園児が一人。

チーママ:前の奥さんとは何故別れたの?

A氏:まあ、短的に言えば原因は性格だなー。前の奥さんは俺がいなくても生きていけるタイプで、今の奥さんは俺がいないと生きていけないタイプ。それが大きな違いかな。

クラブ純子

純子ママ:前の奥さんのことも好きだから結婚したのよね?

A氏: もちろん本気で好きだから結婚したんだよ。でも一緒に生活する女性じゃなかったんだよね。

チーママ:女性としてはスキだったけど、結婚生活の相性が合わなかったってことなのかもね。遊びと本気はどう違うの?

A氏:俺の場合は、遊びなら、その日のうちにすぐしちゃうけど、本気だと泊まっても手が出せないんだよ。本当に好きになると結構シャイになっちゃうんだよね。

純子ママ:Aさん、かっこいいから女性にモテるでしょうね。

A氏:でも40すぎるとさ、イチから口説いてとか面倒くさくなるんだよね。飲んでて「今日してみる?」とかストレートに聞いちゃうかな。

C氏:そんなん、相手の気持ちわかるんですか?いいなあ?。

A氏:まあ、態度でわかるよね。なんとなく。アンテナかな。お前には一生わかんねえよ(笑)

B氏:Aは本当に俺よりまだ1ランク下にいますね。青いっていうか。 確かに、Bさんは大人の男性って感じよね。Aさんは少年のままって感じかな(笑)

クラブ純子

チーママ:まあ、でも奥さんからしてみたら、こういうやつのほうがまだ幸せなのかな。俺は遊びだと思っても本気になっちゃうこともあるし、曖昧だから女性を傷つけることが多々ありますね。

B氏:浮気が本気になるなんて、奥さんとしては嫌だわよね。精神的に離れられないとか言われるのも嫌だし、体の相性が合うから忘れられないとか言われるのも、めちゃくちゃ傷つくかもしれないわ。

純子ママ:でも今日のお話聞いていると、忘れられない女性って、遠い過去じゃなくて、記憶が新しい人って感じがするわ。 そういう意味では、今の妻こそが忘れられない女性っていうのは、ちょっと感動したわ。次回は、「夫が望む、理想の妻」について、殿方にお話聞いてみたいわね。

一同爆笑