クラブ純子

パパ達の本音トーク【元カノについて】

クラブ純子
クラブ純子 お客様

A氏(30代前半)カード関係

芸能人のお笑い系にいそうなトークと風貌で、女性の心をくすぐるタイプ。奥さんのことは愛しているが、頭があがらない。

B氏(20代後半)カード関係

つい先日、彼女のご両親へご挨拶へいき、結婚真近である。母性本能をくすぐるような爽やかな笑顔の持ち主。

純子ママ

いらっしゃいませ。クラブ純子にようこそ。本日もお客様が2名ご来店です。どうぞよろしくお願いいたします。
クラブ純子

純子ママ:お二人はパパではないと伺いましたが、それぞれの年齢と、それぞれの奥様の年齢を教えてください。

A氏:31歳です。嫁は29歳です。

B氏:僕は30歳です。嫁はいません。でも先月今の彼女のご両親へ「結婚させてください」って挨拶にいきました。彼女は25歳です。

純子ママ:もうすぐご結婚されるのね。おめでとうございます。

B氏:実は今日、悩みを相談したくて来ちゃったんですよ。元彼女とのことで。実は、今の彼女と付き合う前の彼女で、10年付き合っていたんだけど、最近また連絡がくるんです。結婚しようと思ったときに、偶然なんですけど。

純子ママ:まだ好きで忘れられないということ?

B氏:愛してる。という気持ちはないと思います。ただ元彼女とは、遠距離ということもあって自然と別れたから、嫌いで別れたわけじゃないし、気になっちゃうんですよね。

チーママ:今の彼女との結婚を躊躇してるの?

B氏:いや、それはないです。今の彼女とは結婚したいし、絶対しますよ。

純子ママ:元の彼女とは結婚は考えなかったの?

B氏:元彼女には、付き合ってるときに2回もプロポーズしたんですけど、「一人っ子だから駄目」って言われて、2回断られているんです。

純子ママ:本当に、一人っ子が原因なのかしら?

B氏:遠距離で離れてましたからね。親を置いて東京の僕のところに来ることが出来なかったんだと思います。でも、僕もそれ以上強引にはいかなかったから。結婚への想いは今の彼女のが強かったです。絶対こいつだ。みたいな。そう思っているのはマスターだけで、女性のほうは、愛があると思うけどなあ?そう簡単に割り切れるのは信じられないわ。

クラブ純子

チーママ:何が一番違うの?

B氏:まあ、もちろん色々ありますけど、今の彼女とは、体が合うんですね。それは僕にとってはすごく重要なんです。元彼女とは、10年付き合って5年、セックスレスだったんですよ。

チーママ:5年間はあったけど、あとの5年はSEXしなくなったってことよね?

B氏:いや、実は最初の5年間、僕がまったく機能しなくなっちゃったんです。

純子ママ:それは不思議。何故?最初のころのほうが普通、燃えるんじゃないかしら?

B氏:男って、意外とデリケートなんですよ。実は、一番最初に結ばれたとき、いきなり彼女に「あんまり上手じゃない」って言われたんですよ。それがショックで、まったく機能しなくなってしまって。

A氏:それって、つまり、たたなくなったってことだよね

チーママ:彼女は、経験豊富な方だったの?誰かと比べてたってこと?

B氏:いや、それはないはずです。だから不思議なんですけど。彼女はそのときが初めてだったんですよ。それは間違いないんです。でも彼女の言葉が心に突き刺さって「俺って下手なんだ・・・」って。それ以来、気になってしまって。

クラブ純子

純子ママ:本当に初めてだったのかしらね?

チーママ:女性側の心理で言うと、お花畑のように想像していたセックスと違って、現実はこんなものなのか。っていう意味だったのかもしれないわ。

A氏:理由はどうあれ、それは男として傷つきますよね。男のほうが神経がデリケートだと思いますよ。そういう言葉は言っちゃいけないですよね。

チーママ:10年付き合って、5年はレスで、その後5年は大丈夫だったの?

B氏:はい。それが理由で5年後に別れたんですけど、彼女が東京に遊びにきて再開してからまた遠距離で付き合いだしたんです。2回目に付き合い出してからは、普通にSEXも出来るようになったんですよね。

純子ママ:それでも、また別れてしまったのは何故?

B氏:結婚も2度断られましたし、遠距離でそんなに会えないし、それにやっぱりセックスが合わなかったんですね。だから僕も適当に遊んでいて。2度目も、自然と別れた感じです。

純子ママ:今の彼女と知り合い、結婚を決意して親に挨拶いった途端・・・元彼女から連絡?

B氏:東京に転勤になったから、また会いたいって。

純子ママ:今度は近くに来てしまったという訳ね。

クラブ純子

B氏:俺のために、東京にきたんじゃないかって考えちゃうんです。彼女の20代を俺が奪っちゃったわけだし。彼女は俺だけしか付き合ったことないんです。だから、責任感じちゃうんですよ。

純子ママ:本当にそうかしら?それは、B氏の思い込みで、元彼女は仕事でたまたま転勤になって、誰も知らない東京に出てきて、ただ寂しいから知り合いに電話したんじゃない?

A氏:でも、Bの話聞いてると、俺も、元彼女がまだBを好きで執着しているように感じるよ。結構、頻繁に連絡あるみたいだし。

B氏:お見せすることは出来ませんが、メールの内容みると俺のことまだ愛しているみたいな感じで、ちょっとビビリます。

チーママ:なんだか、大変な状況になってきてるのね。

純子ママ:B氏のお話、とても興味深いけど、せっかくA氏が来てくださっているのに殆どお話していないわね。今度はA氏のことを教えて下さらない?結婚生活で不満とかはない?

A氏:不満はあまりないんですが、しいていえば奥さんが、自分が大好きで僕にかまってくれないところですかね。僕たち夫婦は、子供がいないんですが、奥さんはバリバリ働いていて、お互い休暇も別々に過ごすようなスタイルで生活してて、奥さんは僕と一緒にいることが少ないんですよ。

純子ママ:二人でどこかに行くとかが全然ないということ?

A氏:全然ないですね。奥さんは友達と旅行いったり映画みたり、ジムいったりしてますよ。それにセックスレスだし。もう2年くらい。

チーママ:奥さん、浮気しているってことはないかしら?

A氏:それはないと思います。見てればわかりますよ。ただ、ずっと一人暮らしに憧れていたから、今それを満喫しているんじゃないすかね。遊びたいんですよ。

B氏:なんか、俺、結婚に夢なくなってくるなあ。そんなの嫌ですね。

純子ママ:奥様のことは愛していらっしゃるの?

A氏:愛してます。俺たち目標があるんですよ。いつかマンション購入したいって。そのために貯金してるんです。嫁が全部その辺やってくれてて、しっかりしてるんです。尊敬に近い感情もありますよ。

チーママ:でも、セックスレスなんでしょ?

A氏:俺はしたいんですけど、嫌って露骨に断られるんです。嫁を見てムラムラすることもあるんだけど、どうせ嫌がられるだろうって考えると出来なくなりますね。

純子ママ:何か弱みでも握られてるとか?

チーママ:浮気したのがバレたとか?

A氏:するどいですね。俺、ほんとだらしない性格なんです。給料もあればあっただけ使っちゃうし、浮気も多少ばれている可能性もありますね。だから一緒にいたくないのかなあ。

チーママ:そうよー。女性だってデリケートなんですから。

純子ママ:お話聞いていると、お二人とも、結局女性に頭が上がらないというか、女性に翻弄されているような気がするわ。

B氏:そうですね。自分でもそう思います。でも、A氏の話聞くと、結婚って何だろうとか考えちゃいますよ。

A氏:でも、俺、もう一度誰と結婚したいかと言われたら、絶対今の奥さん。奥さんのことは好きなんですよ。二人でマンション買う目標も、もう少しで到達しますしね。

純子ママ:浮気はまだしているの?

A氏:1年くらい付き合ってた彼女いましたけど、今は別れました。なんか面倒くさくなっちゃって。っていうか、バレそうになったとき、奥さん失うくらいなら、もうしないって思いましたね。そうですね。自分でもそう思います。でも、A氏の話聞くと、結婚って何だろうとか考えちゃいますよ。

純子ママ:奥様に対する気持ちは本物よね。

B氏:A氏の奥さん、めちゃ可愛いですよね。それに、お嬢様だしね。

A氏:僕は、田舎者なので、お嬢様に憧れがあるんですよ。家柄がいいというか。そんな娘が、俺なんかと結婚してくれるなんてって、結婚するときは感動しました。今でも頭があがらないのは、そこかもしれませんね。

B氏:A氏がプロポーズしたとき、奥さんが「お母さんに聞いてから」って言った話、有名な話ですよね。

A氏:はい。本当にそう言われました。結婚してくれって言ったら、即答で「ママに聞いてみる」って。

チーママ:ちょっと結婚に対して認識が甘い女性のような気がするけどなー。休日に二人の時間を大切にしないところとか。若いのよね。

純子ママ:そうね。色んな考え方の女性がいるから、一概には言えないけど、なんとなく親から離れて自由になりたい。の延長線上で結婚したような感じにも受けるわよね。

クラブ純子

B氏:僕は結婚って、二人で生活したい場所ですからね。休日別々に過ごすのは嫌だな。

純子ママ:でも、元彼女と結局連絡とりあっているのよね?絶対、切らないと駄目よ。

B氏:でも、元彼女、俺が切ったら何しでかすかわからない気がしちゃって。

純子ママ:どうして?

B氏:ちょっと思い込むと怖いところあるんですよ。自殺してやるって言われたことあるし。本当にしちゃう気がして怖いんですね。

A氏:そんな女、やめとけよ。

純子ママ:相手を脅すのは、一番やっちゃいけないことだと思うわ。

B氏:でも、それだけ僕に執着してるんだと思います。

チーママ:そうかな。本当に好きだったら相手の幸せを喜ぶと思うし、身を引くと思うわ。それは愛じゃなくて、自分勝手だと思うけどな。

B氏:結局、元彼女には、俺が別の子と結婚するってこと言えてないんです。

A氏:それは言わないと駄目だよ。俺だって、結婚するときは全部切ったぜ。

純子ママ:結婚する女性に失礼よ。

B氏:そうですね。ほんと、どうしていいか自分でもわからないんです。

純子ママ:とにかく、事実はきちんと話して、彼女から遠のくことが一番だと思うわ。連絡は自分からは絶対しないこと。連絡がきても感情を出さずに用件しか答えないとか。幸せな結婚するためには貴方が優柔不断になっちゃ駄目だと思うわ。

B氏:少し考えて見ます。ありがとうございます。