クラブ純子

パパ達の本音トーク【結婚について】

クラブ純子
クラブ純子 お客様

Y・O氏(42歳)会社役員

中学2年、小学6年の娘のパパ。ご本人いわく「忙しくて通勤できない」との理由で単身別居中。甘いマスクの持ち主。

K・K氏(33歳)IT関係会社営業

2歳の娘、年末に2人目を出産予定の奥様の3人家族。愛妻家のようで、クールな一面を持つ飄々とした雰囲気が特徴。

M・S氏(28歳)出版社営業部

5年間つきあった彼女と、昨年の12月に結婚したばかりの新婚さん。来年2月に第一子が誕生予定。ウケを狙う話しっぷりが若手芸人風。

T・I氏(33歳)出版社営業部

今回の座談会のなかで唯一の独身。つきあって1年ほど経つ彼女との結婚予定あり。日に焼けてガッチリした体型のスポーツマンタイプ。気持ちも純粋系?

W・D氏(43歳)出版社編集部

なんとバツ2を経験したつわもの。現在は独身生活を謳歌し、2人の女性と恋愛中という男性陣の垂涎の的。
クラブ純子

Y・O:ちょっと待って。まず浮気の定義は何? どこまでしたら浮気なの?

純子:人それぞれだと思いますが、一般論としては「SEXをしたら浮気」と定義づけておきましょうか。

Y・O:じゃあ、僕はないです。

純子:ウソおっしゃい! そんなのあり得ませんっ!

Y・O:いや、ほんと。そこにいくまでのことは何度もあるけどさ。

K・K:Yさんの発言は、僕の知っている範囲だけならば、本当。いつも女の子に声はかけるけど、そこから先は僕に家まで送らせるんですよ。

純子:それはそれで、別の面から見たら鬼畜ね! 最初から声なんかかけなければいいのに。

Y・O:まあ、そこはちょっとしたゲームなんですよね。若い頃はそれがおもしろかっただけ。最終的に浮気はリスクが大きいから、僕はしない。女性問題でつまづいて、将来が台無しになるのがイヤなわけ。

クラブ純子

K・K:僕もそう思っていますよ。大体、一瞬の快楽のために今の生活が破綻して、慰謝料払って、なんて生活は絶対したくない。

純子:そんな計算づくの男ばかりだとは思えないけど。

M・S:僕はまだ新婚ですけど、浮気ってお金も時間も要るじゃないですか。僕にはそれがないから(笑)。

純子:お金も時間もあったらするんですか?

M・S:する、かもしれないですね。

純子:やっぱりするのね?。バツ2のWさんはどうだったの?

W・D:僕も浮気はないですよ。結婚生活を送っている間は。

クラブ純子

純子:えーっ? 本当ですか? じゃあ離婚原因は何でしたの?

W・D:1回目は単なる性格の不一致、2回目は奥さんの浮気。

純子:あら、奥さんの浮気には男性は耐えられないのかしら?

一同:絶対に! 無理ですっ!

純子:まあ、なんて身勝手な! じゃあこの中で浮気をしたことのある方、挙手してください。

一同:(シーン・・・・・・)

純子:信じられないっ。男が5人集まって、浮気経験者がゼロだなんて!

W・D:浮気ってさ、「よし、浮気しよう!」って最初から目的にしている男はいないと思いますよ。

純子:じゃあ何、不慮の事故とでも言いたいのかしら?

W・D:まあ、そんなものじゃないですか?

Y・O:そうだよねぇ。目的とか計算じゃなくて、一瞬の出会い、というか・・・。

純子:むしろそっちの方が問題では?

クラブ純子

W・D:一瞬の出会いが浮気になって、最終的には"帰るべき家"かどうかで結末が変わる、という。

純子:"帰りたくない家"だったら、浮気相手に本気になり、離婚にいたる、ということかしら?

W・D:そうそう。

純子

今回は珍しく、浮気経験ゼロの男性5人でしたが、浮気願望、もしくは妄想はほぼ全員にあるようです(笑)。 もしご主人が浮気にいたったとしても、冷静になって現実を受け止めてくださいませ。もし家庭を大切にしているご主人であれば、単なるゲームだと思って見過ごすことです。深追いせず、ドンと構えていた方がよろしいかも?

純子

次は「奥さんに冷める瞬間」の仕草、行動などを聞きたいと思います。

M・S:僕はいびきかな。

T・I:えーっ、いびきなんか普通じゃん。許してあげようよ?。オナラはどうかと思いますが。

純子:オナラはしてはいけません。旦那さんの前で。

クラブ純子

Y・O:純子:ママはしないの?

純子:当たり前でございます。オナラも○○○もしませんもの。

一同へぇぇぇ?(笑)。

チーママ:私はうちの旦那に聞いてみたんですよ。そしたら、風呂場の扉を開けっ放しのまま、立ったまま股を洗ってるところ、だって。それは私が男だとしても冷めます・・・。

K・K:うちは僕も奥さんもけっこう家の中では裸族ですよ。トイレだって開けっ放しだもん。

一同:えー、それはないな?。

純子:・・・ワタクシも考えられません。夫婦と言えども、隠すものがなくなったら終わりですよ。

クラブ純子

純子:子供を一人でも産むとしようがないのよ?。

K・K:わかりますけどね、わかってるけど、男の本音は・・・・・・がっかり、ですよ。

Y・O:僕は「血」がダメでさ、生理とかもダメだし、出産も立ち合いして、こっちが貧血起こして入院しちゃったよ。

純子:ああ、出産立ち合いに関して、は男の人はよく言いますね、「立ち会うとその後、エッチできない」とか。

M・S:僕はその件で、来年出産予定の奥さんとモメてる。奥さん立ち会ってほしいらしいけど、僕は拒否してる。

純子:あのね、こっそり産んだ方がいいと思いますよ。旦那さんにいつまでも女として見てほしかったら。

K・K:うちはそんなことなかったけど。現にいま2人目ができてますもん。出産立ち合いなんで何度もできることじゃない事だし、感動しますよ。絶対、立ち会った方がいいですよ。

チーママ:うちも立ち合い出産して以来・・・、いや妊娠期間も入れると丸2年間、エッチはしていません。だから「処理はどうしてるの」と聞いたことがありますけど。

クラブ純子

T・I:なんて言ったの?

チーママ:「ストローで吸っている」、と訳のわかんない冗談を言っていました。

純子:立ち合いに関しては、男性のタイプにもよるかしら。ご主人のタイプを見極めることね。ワタクシは一人でこっそり産みましたけどね。