お互いの収入に依存しない。これが夫婦円満の法則。

お互いの収入に依存しない。これが夫婦円満の法則。【101の法則】

A:うちは主人と私が共働きなので、お財布は完全に別々です。

B:我が家は私が管理しています。

C:うちも。

D:うちも。大半がそうなのでは?

B:ご主人が管理している家庭はあるのかしら。

A:いるみたいよ、銀行員とか、会社経営されているご主人は、妻に生活費だけをポンと渡したりしているわね。

C:旦那に「自由なお金」がたんまりあると何するかわからない。

D:ほんと、うちは旦那にお金持たせたら絶対に家計破綻よ! あればあるだけ使うタイプ。それはもうめちゃくちゃな金遣いするから。それがいつも夫婦喧嘩のタネです。

B:うちもそう。まったく経済観念がないタイプ。でも私は株が趣味でして(笑)、けっこう浮き沈みもあるんですよ。

A:ご主人は知ってるの?

B:知っているけど、いいときしか報告しないから(笑)。昔、かなり大損したときがあったのね。ほんと何百万単位で。そのとき勇気を出して、告白した。

クラブ純子

D:なんて言われたの? 怒った?

B:『そんな一人でドキドキしてないで、言ってよ?』だって。

一同 めっちゃ優しいご主人?!! 

A:そのひと言は、なかなか言えないよぉ?。人格者だね。

C:私なんか、主人に内緒で実家から仕送りしてもらっています(笑)。

一同 えーーーっ!! どうして?

C:だって足りないから(笑)。

D:いつから? 

C:もう5年になるかな。もちろん、実家はいい顔はしないけど、私が「仕送りしてくれなきゃ離婚するよ」って脅している。実家は私に離婚してほしくないから(笑)。

D:そんな世間体か! 良夫あれば、悪妻あり(笑)。

クラブ純子

A:私は主人の会社で働いているの。で、その会社の給料で私は生活費を捻出しているの。それを主人が「それが俺からの生活費だ」と言い放ったときは、めちゃくちゃ怒りましたね! 別にお金の問題じゃなく、主人が私の仕事をまるで認めてくれていないみたいな「生活費」という表現に!

D:そりゃそうだ。で、その件に関してご主人はどうしたの?

A:私があまりにも怒ったので、しばらく時間が経ってから、「もうそんなことは言わない」ってあやまってきた。

B:お金問題は、夫婦間では重要よね。全国の都道府県の失業率と離婚率って、比例するんだって。失業率1位が沖縄県、なんと離婚率1位も沖縄県。2位も同じようにどちらも大阪府。

C:お金を稼げない旦那を持つと、離婚しやすくなる、というわけですかね。

D:わりとうまくいってる家庭というのは、経済的にも奥さんが自立しているところですよね。ま、共稼ぎでお金が潤沢にある家庭のほうが、モメごとが少ない。

A:家計管理は、夫、妻どっちがやっても得意なほうがすればいいと思うけど、どっちかが稼いでくるお金に依存しすぎないことが大切かもね。

注:記号は毎回違うキャストとなっています。