愛され上手な妻は、パジャマよりランジェリードレス

愛され上手な妻は、パジャマよりランジェリードレス【101の法則】

クラブ純子

A:「ねえ、寝るとき何着てる?」

B:「う?ん。あんまり考えたことないな。適当なパジャマかも(笑)」

C:「「ちょっと可愛いジャージみたいなやつ」

D:「私は、下着」

B:「え!!下着で寝るの?」

D:「うん。ちょっと派手だけど可愛いやつなの。しょっちゅう買ってるわ」

E:「素敵?。私なんか、パジャマの下に捨てたほうが良さそうな下着着てるときもあるか も?」

一同:(大爆笑)

A: 「でもそんなの着てたら、もし息子に見られたら目に毒じゃない? 洗濯とかどうする の?」

D:「確かに最初は息子を意識してたけど、最近は、『ねー見て可愛いでしょ?』って開き直 って息子に見せてるわ?」

一同:(笑)

クラブ純子

F:「息子に自然に見せられるのは悪いことではないわね。ご主人はなにか言う?」

D:「可愛いとかは言わないけど、下着に気を使ってることは嫌じゃないみたい」

E:「下着で思い出したけど。ねーねー、ランジェリードレスってどう思う?」

一同: 「えー、なにそれ?」

C:「「えー。着てないわ?。可愛いネグリジェは昔買ったけど、ほとんど着てないかも?」

B:「私なんか、今までそういうのは一度も買ったことがないもん」

F:「私はネグリジェどころか、短パンにTシャツとかで寝てるからな。 あなたは持ってるの? まさかスケスケの?」

A: 「もう?。私じゃないわよ。私の友人が、ピンクのランジェリードレスを着て寝るん だって。すごく素敵な色っぽい女性で、夫婦仲もとても良いの。 それ聞いたとき、寝るときも気を抜かないことって大切だなって思ったわ。 反省したの」

C:「「その方、どこのブランド着てるのかしら?知りたいわ」

A: 「銀座に買いにいくらしいの。私もそこに買いにいくぞって決めたわ」

F:「えーー。うちの主人なら、びっくりして引くかも(笑) 」

注:記号は毎回違うキャストとなっています。