夫の気持ちが遠のく「妻の逆上」

夫の気持ちが遠のく「妻の逆上」【101の法則】

クラブ純子

B氏 :僕は忘れられない女性、いますよ。気持ちがスキってよりは、色んな要素でそうなりますね。

純子ママ:どんな女性なのかしら?

B氏 :実は会社の子だったんですが、普段ボケーってしている女性なのに、関係してみたら、体も心もすごい尽くされて、すごく気持ちが高まってしまって。1ヶ月に1度くらいの割合で夜、会っていたんだけど、ある日、彼女から結婚するって言われたとき、まじで落ち込みましたよ。彼女のことは、忘れられないですね。

A:「私は主人とは付き合って7年。結婚して5年目。みなさんは?」

B:「私はもう10年だわ」

C:「うちは7年」

D:「うちは出会って半年で結婚して、今5年目なの」

E:「私は学生の頃から付き合って結婚して、一緒にいる時間は親以上よ」

F:「私も同じような感じかな」

A:「電撃の人もいるみたいだけど。皆長いわよね。ご主人はどんな方?」

B:「家にいるのが大好きなタイプで、家庭的な人かな」

D:「うちもそう。安定感があって優しいタイプだわ」

A:「うちは、家にほとんどいないわよ。 どこに行ってるかなんて、全然聞かないから、わからないし。 性格的にはしっかりしているけど、男としてやんちゃなタイプかな?」

F:「あら、うちだって、ゴルフ行ってきますって出張行って、 ゴルフバックが開けた形跡もないまま帰ることも多いし、 怪しいな?と思うこともしょっちゅうだわ」

E:「うちも、今は落ち着いたけど昔は色々あったわ。 怪しい名刺がバックから出てきて」

D:「まあ、よくある話だけどね」

C:「そういうのは妻に見つからないようにしてほしいわよね」

D:「私は、いくら玄人でも許せないなあ」

F:「でも、私は絶対主人を責め立てないわよ。逆上してもいいことないって思うから」

A:「うちはね、随分前だけど、出張に行ってた彼の携帯に電話したら、 女性が電話口に出たの。はい。○○の電話ですって。 だから、あの私は○○ですけど。って言ったら彼女焦って、間違い電話です!  とかいって慌てて切ったのよ・・・」

「えーーーー」(一同)

B:「それはひどいわね。それでどうしたの?」

A:「もちろんブチキレタけど(笑)、一晩考えて、翌日帰ってきた主人に 『おかえりなさい』って笑顔で迎えたわ」

「えら?い」(一同)

A:「でも、寝る前に一言、言ったわよ。勝手に携帯にでるような女性と遊ぶな?って(笑) それからは一度もそのことに触れたことはないわ」

クラブ純子

B氏 :僕は忘れられない女性、いますよ。気持ちがスキってよりは、色んな要素でそうなりますね。

純子ママ:どんな女性なのかしら?

B氏 :実は会社の子だったんですが、普段ボケーってしている女性なのに、関係してみたら、体も心もすごい尽くされて、すごく気持ちが高まってしまって。1ヶ月に1度くらいの割合で夜、会っていたんだけど、ある日、彼女から結婚するって言われたとき、まじで落ち込みましたよ。彼女のことは、忘れられないですね。

E:「私の場合は、しばらく言わなかった。名刺が出てきてかなりショックだったけどね。 一人で悶々と考えても答えがでないから、 インターネットの検索で同じような悩みの人たちとチャットしたりして。 その結果、そういう時は言わないほうがいいって言う、 その時の意見に従ってみたの。結果的に良かったわ」

F:「そうよ。そういう時にアタフタして相手を追い詰めていくと、 男性って逆切れするのよね」

A:「そりゃみんな嫌に決まっているけど、だからといって別れるところまでいくのはね。 でもどうしても、その事実が許せないで逆上する女性は実際、多いかもしれないわね」

E:「そうよ。逆上すると男性の気持ちは遠のくばかりよ。離婚の原因としてよくある話だわ」

A:「私だって本当は嫌よ。逆上して自分の気持ちぶつけたほうが、楽だとも思ったり。 でもね、自分のプライド以上に、主人のことが好きだと、そのとき改めてよくわかった の。好きだから離れたくない。だからある程度は仕方ないけど、広い心で受け止めなき ゃ。ただ単純にそういうことよ。」

E:「私も同じだわ」

C:「なんか素敵ね。ご主人を愛しているのね」

D:「私は、逆上ではなくて、好きという気持ちを素直に伝えて、好きだから辛いの! と泣きながら訴えるかもしれないわ」

C:「そういう訴えなら、まだ気持ちは離れないかもね」

B:「うちは、遊ぶことなんて考えられないけど、「絶対」はわからないものね。心配だわ」

E:「私は、うちの主人がそんなことするとは思えない」

F:「男性も十人十色。いろんなタイプがいると思うわ。」

A:「もし、そういうことが万が一あったらね、チクッと一刺ししておいて後は笑顔。 済んだことはぶり返さない。妻としては本当はやっぱり辛くて、なんとか気持ちをコントロールしているんだけど、夫には妻の心の広さを見せておいたほうが、結果的に愛されると思うわ」

D:「なるほどね。よく理解できるわ。私も万が一そのときが来たら、 絶対逆上はしないようがんばる(笑)」