母親塾

プロフィール紹介

「子育ては難しく考えない。ダメな親ほどいい子が育つ。」

「子育ては難しく考えない。ダメな親ほどいい子が育つ。」

<Profile>
ビジネス・コンサルタント
月刊「ペルそーな」発行人 浜田マキ子さん

1942年東京生まれ、森村学園高校卒業後、日本航空に入社。10ヶ月間スチュワーデスとして勤務。退社後、東京大学(文科二類)入学。卒業と同時に、参 議院議員 植竹春彦(叔父)の秘書となる。同じ年に 浜田卓二郎氏と結婚。長男、直人さんをご出産。昭和48年、芝アカデミー(フィニシング・スクール) を設立。平成2年、ハーバード大学外交センターフェローに任命される。ジョージ・ワシントン大学国際評議員、ロンドン戦略研究所IISS正会員、現在はク オリティ・マガジン月刊「ぺるそーな」の発行人を務めるかたわら、精力的な講演活動と執筆活動を行っている。本業は国際ビジネス・コーディネーター。著書 に『普通の女』(世界文化社)、『女はみんなジャンヌ・ダルク』(コスモの本)、『キレイはマネから おしゃれは勇気』(DHC)がある。

浜田マキ子さん語録1 「女性は”歳”が味方に!」

「若い頃は30歳になったら人生終わりかなと思っていてのですが、30歳どころか50 歳になっていろいろ充実してきて、60歳になったらもっと忙しくなって…」とおっしゃるマキ子さん。そのイキイキとした表情やお肌はとても美しい。「年を重ねるごとに心の余裕ができて…。年齢も隠す必要がないですよ。女性は"歳"が味方になってくれるんです。20代の頃の初心を忘れずに、美と活力を保っていれば、このくらいの年齢になったほうが仕事もしやすいと思います。女同士のお付き合いも、50、60代になったほうがとても気楽になりますよ。」
「子育ては難しく考えない。ダメな親ほどいい子が育つ。」

浜田マキ子さん語録2 「立派なことをしようとしない母親の姿が大事!」

「若い頃は30歳になったら人生終わりかなと思っていてのですが、30歳どころか50 歳になっていろいろ充実してきて、60歳になったらもっと忙しくなって…」とおっしゃるマキ子さん。そのイキイキとした表情やお肌はとても美しい。「年を重ねるごとに心の余裕ができて…。年齢も隠す必要がないですよ。女性は"歳"が味方になってくれるんです。20代の頃の初心を忘れずに、美と活力を保っていれば、このくらいの年齢になったほうが仕事もしやすいと思います。女同士のお付き合いも、50、60代になったほうがとても気楽になりますよ。」
「子育ては難しく考えない。ダメな親ほどいい子が育つ。」

浜田マキ子さん語録3 「子育ては格闘技!」

子育て真っ最中のママリブ世代のママたちは悩みも多いはず。マキ子さんがそんなママたちに言いたいこととは。「子育てをしていて、自分の時間が奪われてしまうなどと思わないで欲しいですね。焦らないこと。子育ての期間はこれから先の人生、自分がどういう風に生きるか考える、蓄積する期間だと思います。自分自身のために勉強するチャンスです。」 またお子さんにしてあげ欲しいことが二つあるとか。「母親業はいいかげんでいいと思うのですが、一つは、本を読んであげること、もう一つ大事なことは手作りのものを食べさせてあげることです。本を読んであげることは、子ども向けの本でなくてもいいのです。自分の読みたい大人の本で十分。それを声を出して読んであげることが大事です。子どもなりに理解していくのです。また言葉として耳に残っていくものなのです。手作りのものも一日のうちにひとつでいい、下手であっても、お母さんが自分のために料理を作ってくれている姿を見るだけで、子どもは嬉しいんです。それに料理こそ総合科学、見ているだけで工夫の精神が自然と伝わるのです。」 子育ては格闘技みたいねとおっしゃるマキ子さん。息子とはしっかりと四つに組んでケンカする。子育てに遠慮は厳禁と教えていただきました。「今はどんな職業に就いても、その専門でいい仕事をすれば社会的にも尊敬される時代。"好きこそ物の上手なれ"っていうでしょう。なるべく子ども好きにさせるほうが良いと思います。こういう子に育って欲しいと母親の希望を押し付けないことです。それは子どもには負担になってトラウマをつくってしまいがち。またお母さん自身もそれで悩んでしまう…。そんなのつまらないですよね。過剰に手をかけないこと。子どもを信じて見守ってあげることも大切ではないでしょうか。」

ママリブ会員 受講を終えて・・・

ドキドキしながらの受講でしたが、思わず「マキ子さんって呼んでいいですか?」とお聞きしてしまったほど、温かく心の大きな女性でした。 とにかく美しい!60代…とはまさか!!です。人生経験が豊富で、突き抜けていらっしゃるという感じなので、お話になる一言一言がずっしりと心に響きました。そんなマキ子さんの格言「ダメな親ほどいい子が育つ」。これ以上の安心感はないですね。